かずの台湾ブログ

かずの台湾ブログ

大学生による台湾ブログです。 台湾大好き日本人が海外(台湾)・中国語の勉強の情報について配信中。

アジア路線のLCC王者 エアアジアを利用してみた

スポンサーリンク

f:id:kazukiairi:20190206161944j:plain

こんにちは、かずです。

 

皆さんはエアアジアをご存知でしょうか?

 

マレーシアの格安航空LCC会社です。日本では、国内線・国際線とも就航しているので気軽に利用することができます。

 

本当にそんな金額で大丈夫なの?危なくないの?

 

心配に思われる方もいるかもしれませんが、ちゃんとしっかりしているLCCですので、問題ありません。

 

 

 

かず
かず

今回は格安航空会社LCCのエアアジアを紹介します

 

①世界初の格安航空会社!エアアジアとは!

f:id:kazukiairi:20190206162753j:plain

アジア最大のLCCであるエアアジアは、マレーシアに本社を置く格安航空会社です。

 

1993年に航空会社をスタートしました。

 

機内サービスなどを簡素化し、限られた機材で運行する「低価格運賃」を

実現させた世界最初の航空会社なんです。

 

 

近年は、航空機を80数機有して、

およそ100都市を結び、約2億2.000万人の乗客を乗せてきました。

 

 

ちなみにエアアジアは(マレーシア本店のエアアジアX、タイ・エアアジア、インドネシア・エアアジア、エアアジア・インディア、インドネシア・エアアジアX、タイ・エアアジアX、エアアジア・ゼスト、エアアジア・ジャパン)によって運行されています。

 

②実際に利用してみた

私はフィリピンの国内線(セブ島→マニラ)を利用してみました。

 

何と価格は6000円(手数料込)でした。さすがLCC安いですね!!

 

f:id:kazukiairi:20190206171438j:plain

 

利用した機体です。こちらは「フィリピンエアアジア」なので機体にフィリピンの国旗が描かれています。赤色がとても似合っています。

 

LCCはコスト削減のために機内までのスロープはありません。直接飛行機まで、徒歩かバスで移動します。

 

f:id:kazukiairi:20190206171641j:plain

 

機内は3列×3列でした。CAさんは3人いました。

 

LCCなので、足元の空間は狭かったですが、およそ1時間半のフライトなので問題ありませんでした。しかもさすが人気路線なのか満席でした。

 

f:id:kazukiairi:20190206174130j:plain

無事、遅延もなくマニラに到着することができました。

 

ここは預けた荷物を待っているのですが、マニラの空港は直接、外から流れてくるようです。今回はエアアジアを利用しましたが、LCCということも感じさせないくらい快適でした。また利用しようと思います。

 

③価格が安い理由は?

①25分の待機時間

地上での待機時間を極限まで短くし、機体の稼働率を高め、待機費のコスト削減をしている。

 

②販売方法をインターネット

 

エアアジアの予約は利用者自身がネット上で予約する。

支払いはクレジットカード払い。インターネット販売に力を入れることで人件費を削減しています。

 

③運賃払い戻し不可

 

こちらはエアアジアだけに限りませんが、エアアジアで予約した場合、乗り遅れた!体調不良!予定が変わったなどの自己都合の場合は、航空運賃は戻ってこない。

利用客としてはデメリットですが、キャンセルにかかるコストをなくすことで、航空運賃全体のコストダウンに成功しています。

 

※ちなみに旅程の予定が不確定の方のために予約時に「+別料金」で払い戻し対応チケット(旅行保険)を購入することもできます。

 

 

③LCCの安全面は大丈夫?

è­¦å¯, ã»ã­ã¥ãªãã£, å®å¨æ§, ä¿è­·, ç¯ç½ª, ã¬ã¼ã, ç£è¦, ã³ã³ãã­ã¼ã«

エアアジアでも、1993年の設立以来2014年末まで大きな事故はありませんでした。

 

2015年7月4日乗客乗員162人インドネシアエアアジア原因不明の墜落事故を起こしたのですが、原因は未だに解析中らしいですが、天候不順の可能性が高いとのことです。

 

政府の基準に合格しているので安さは関係ありません。本当に危ない航空会社ならとっくに倒産してしまっているでしょう。

 

安全環境や、人的な問題が偶然的な確率で重なった時に起きることが事故の原因なので、安いからという理由にはなりません。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】