かずの台湾ブログ

かずの台湾ブログ

大学生による台湾ブログです。 台湾大好き日本人が海外(台湾)・中国語の勉強の情報について配信中。

【2019年版】ボホール島フェリーでの行き方とロボックリランチ(写真付)フェリー欠航!②

スポンサーリンク

f:id:kazukiairi:20190319190449j:plain

こんにちは、かずです。

 

前回に引き続き、観光客に大人気のボホール島を紹介していきます。

 

セブ島に来た人が多く訪れる「ボホール島」をご存知でしょうか?

 

今回は日本人と台湾人の友達9人でボホール島に行ってきたので紹介していきます。

 

しかし、まさかのトラブルスタートでした・・・

 

過去のボホール島の記事はこちらからどうぞ☟☟

 

 

①フェリー港の行き方

f:id:kazukiairi:20190319162232j:plain

ボホール島に行くにはまず最初に港に行かなければなりません。

 

ですが非常に簡単です。グーグルマップで「Pier1」と検索をすれば出てきます!!

 

セブ市内やマクタンからPier1への交通手段はタクシーがおすすめです。

 

ジプニーなどで行くことはできますが、難易度が高いうえ、フェリー時間に遅刻したら大変です。朝も早いのでタクシーの運転手に「Pier1」と伝えて、向かいましょう。

 

気を付ける点

・セブ市内は渋滞がひどいので早めに出発しましょう。

・港はPier1からPier4まであるので間違えないように。

※友達の1人は寝坊してしまいバイクタクシーで飛ばして間に合うことができました。

 

詳しい場所はこちらになります☟☟

 

 

私達は朝の7時半のフェリーを予約していたこともあり、余裕を持って6時15分には港に到着しました。

 

港の中に入るときには空港と同じような荷物検査があり、混雑する前に早めに入ったほうが良いです。

 

ここまで何もかも順調で余裕を持って到着していたので、友達は顔入れ替えアプリで遊んでいました(笑)(笑)

 

f:id:kazukiairi:20190319164555j:plain

 

しかし、トラブルは起きました、、、

 

搭乗時間5分前になり、荷物をまとめていたところ、

 

港の電光掲示板に「Cansel」の文字が、、、、、

 

欠航理由の案内の放送もなかったので、え、これはヤバいと思い、すぐ友達と一緒にスタッフに確認しに行きました。

 

実際の会話

 

かず達「本当に朝7時半の便は欠航なんですか?」

 

スタッフ「そうだよ、フェリーが故障したからよ、仕方ないよね」

 

かず達「はぁ(怒)それで私たちはどうすれば良いんですか?」

 

スタッフ「今から3時間後の便なら空席あるけどどうする?もしくは返金ね」

 

かず達「はい。3時間後でお願いします、、」

 

スタッフ「おっけ~👌」

 

(ここは日本ではないので、もちろん謝罪の放送も補償もありません。)

 

フェリー会社は「Ocean Jet」「Lite Shipping」「Super cat」の3種類がありますが、運悪く私たちが乗る「Super cat」が欠航してしまいました。

 

他の会社は問題なく運行していたのですが、他社便に変更することが許されず、港で3時間待つ羽目になりました。

 

3時間待ちと聞き、港内で途方に暮れている様子☟☟ 

f:id:kazukiairi:20190319171924j:plain

「それにしても、説明もなく搭乗5分前になってフェリーが故障はどういうことなの??3時間後の便がまた欠航とかしないよね!」

 

まぁ、待つしかありません。私はマジシャンでもあるので皆にマジックを披露して時間を潰しました。


よくセブ→ボホール島間のフェリーが欠航するのは有名で話には聞いていましたがまさか遭遇するとは・・・

 

そして3時間後・・・

 

f:id:kazukiairi:20190319182749j:plain

 

そして、無事Super catのフェリーに乗ることが出来ました。

 

フェリーの中での1枚パシャリ!! ようやく出発することが出来ます\(^_^)/

 

セブ島からボホール島までは約2時間の船旅です。

 

f:id:kazukiairi:20190319182810j:plain

無事、到着しました!!

 

ボホール島に到着したら、まず移動手段を手に入れるためにツアーの交渉をします。

 

ウロウロしていたらツアー会社が声をかけてくるので問題ないです。

 

 

基本的な相場はバンを1台1日貸し切って2,500ペソ(5300円)から4000ペソ(8500円)ですので、3,000ペソなら高くないと思います。

 

英語を話すことができたら、料金を交渉することも可能です。

 

気になる交渉の結果は

 

、、、、、、、、、

、、、、、、、、、

 

交渉時の8000ペソ(17000円)→5500ペソ(12000円)まで安くなりました。(1泊2日貸し切り・ドライバー付)

 

私たちは10人まで乗れるバンを5500ペソ(12000円)で貸切りました。

 

そして、9人で割り勘して611ペソ(1300円)です。悪くない値段でした。

 

②ロボックリバークルーズランチ

f:id:kazukiairi:20190319183441j:plain

 

まずツアー会社の方に連れていってもらったのは、ロボックの観光スポットの一つ「ロボックリバークルーズ(Loboc River Cruise)」です。

  

基本的に食べ放題込みで450ペソ(1000円)なのですが、1,000(3200円)ペソ取られたなど聞くこともあるのでぼったくりには注意して下さい。

 

ロボックリバークルーズとは、食事をしながらロボック川のクルージングを楽しむツアーです。マングローブの大自然が残る緑に覆われた壮大な自然を約2時間かけ、周っていきます。

 

f:id:kazukiairi:20190319184122j:plain


食事はバイキング形式です。川で釣れた魚もあるとスタッフから聞きました。

 

食べ放題と言っても、初めて食べる料理もあるので、食べすぎには注意です(笑)(笑)

 

f:id:kazukiairi:20190319184039j:plain

 

こちらがロボックリバークルーズランチです。私はフィリピン料理には詳しくないので、これがどんな料理かは説明できませんが、とにかく美味しかったです。

 

ご飯の上にスイカがのっている料理は初めて見ました!!これでだいたい2人分です。

 

飲み物は、水とコーラとサンミゲルビールがありました(別料金)

 

②ロボックリバークルーズの場所と行き方

個人で行く場合の交通手段は、タグビララン市内にあるアイランドモールから「ロボック行き」の乗り合いジプニーか乗り合いのバンで行くことができます。

料金は、ジプニーで一人20ペソ、乗り合バンだと一人60ペソとなります。

 

 

 

③現地民族と交流

f:id:kazukiairi:20190319184442j:plain

 

ロボックリバークルーズでは現地民族の方と触れ合うことができます。私たちの他にもたくさんの観光客がいて、人気観光スポットになっているようです。

 

f:id:kazukiairi:20190319184507j:plain

 

この時は、何も言わずに火が出たのでびっくりしました

 

個人的に好きな1枚です。たくさんチップを渡したら、こんなサプライズもしてくれました。

 

f:id:kazukiairi:20190319184533j:plain

 

美女たちも楽しんでいました\(^_^)/

 

f:id:kazukiairi:20190319184550j:plain

 

 

f:id:kazukiairi:20190319184607j:plain

 

民族お土産屋さん☝☝

 

台湾人の友達は勧められるがままに弓矢のお土産を買ってしまいました。

 

しかし、動物の毛や羽で作られているので台湾に持ち帰ることはできないのですぐ捨てましたがwww

 

f:id:kazukiairi:20190319184636j:plain

 

もちろん、ロボックリ船にはトイレ完備でした。スタッフも明るくて記念撮影してくれてとても楽しい思い出になりました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それではまた。

【スポンサーリンク】